認知症予防に交流会?!高齢者レクリエーションで使いたいホワイトボード脳トレ10選

2019年 01月 11日

高齢者レクリエーション

誰にでも起こる可能性がある認知症。しかし、認知症にならないための方法は現在見つかっていません。そのような背景から、最近では認知症になりにくい方法に注目が集まっています。
近年増え続ける認知症の現状から認知症の予防、またイベント交流の一環でホワイトボードを使った脳トレについて順にお話していきます。

 

 

■年々増え続ける認知症


高齢化社会によって日本の高齢者数は年々増加しており、2025年には認知症を患う人は700万人を超えると予想されています。軽度認知障害を含めると、高齢者の3人に1人が認知症とその予備軍となる計算です。国は認知症対策として、医療・介護サービスの連携など、さまざまな戦略を立てていますがまだまだ対策は追いついていません。介護によってご家族に負担がかかり、疲労がたまってしまうケースも増えているため、認知症の予防対策を早期に行うことが大切です。

 

■認知症を予防する対策


認知症診察の様子

 

現時点では、認知症にならないための方法は残念ながらありません。しかし、最近の研究から認知症を予防する対策が徐々に明らかになってきました。対策は大きく分けて生活習慣と脳トレーニングの2種類あり、それぞれについて説明していきます。

 

1.生活習慣


体操の様子

認知症の原因の一つに、生活を取り巻く環境が大きく影響していることが分かってきました。認知症を予防し、脳の状態を良好に保つために、日々の生活習慣を改善していきましょう。

 

1.1 食事

食事の面から認知症を予防するためには、バランスの良い食事・摂取カロリーを守る・塩分や糖分を控えることが非常に大切です。認知症の予防が期待できる食べ物としては、緑黄色野菜や果物などが挙げられますが、特に魚に多く含まれるDHAは記憶力・判断力の向上に効果的です。また、コーヒーや赤ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化や高血圧の予防が期待できます。

 

1.2 運動

ウォーキングやジョギング、水泳などの酸素を取り入れながら行う有酸素運動は、体を健康に保つだけでなく認知症予防にも有効です。新鮮な酸素を含んだ血液が脳に送り込まれることで、脳機能の低下を防ぎ、脳を若く保つことができます。まずは1日10分程度の軽いものから、慣れてきたら週3日程度で約30分の有酸素運動を取り入れてみましょう。

 

1.3 コミュニケーション

毎日他者と交流をする高齢者と孤立した高齢者では、後者の方が認知症になる可能性が1.4倍になるというデータがあります。コミュニケーションの機会が少ないために、脳への刺激が弱くなってしまうからです。豊かな老後生活を送るためにも、ご家族や友人との会話を楽しんだり、外出して地域の集まりに参加したり、人と交流する機会を意識して設けるようにしましょう。

 

1.4 知的行動

文章を書いたり、ゲームをしたりするなどの知的行動は脳の活性につながります。その中でも料理や麻雀は手と頭を同時に動かし、他者とのコミュニケーションも取れるので認知症予防に効果的です。地域で料理サークルや麻雀教室が開かれている場合は、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

 

1.5 睡眠

体や脳を十分に休め、健康に保つためにも睡眠はとても大切です。気持ちよく眠るためには、日中の散歩や日光浴などをして、太陽の光を浴びることを心がけましょう。体内時計が刺激されて、生活リズムを整えることができます。また、30分未満の昼寝をすることも効果的です。

 

2.脳トレーニング


折り紙の様子

認知症になる前段階では、エピソード記憶・注意分割機能・計画力という3つの脳機能が低下するといわれています。認知症を予防するために、これらの機能を簡単なトレーニングで鍛えていきましょう。

 

2.1 エピソード

数日前の出来事を日記に書いたり、レシートを見ないで家計簿をつけたりすることで、いつ・どこで・何をしたかなど、自分の体験を記憶として思い出す訓練です。思い出そうと脳が意識することで、エピソード機能を鍛えられます。

 

2.2 注意力

料理を作るときに同時進行で何品か作ったり、複数の人と会話をしたりすることで、2つ以上のことに対して同時に注意を配る機能を強くします。何かをしながら別の活動をすることで、前頭葉が活性化されて脳の若返りを期待できます。

 

2.3 計画力

買い物をする際に効率の良いルートを考えたり、旅行の計画を立てたりすることで、段取りを考えて実行する計画力を鍛えられます。他にも、将棋や麻雀など頭を使うゲームも効果的です。

 

■手軽にできるホワイトボード脳トレ10選


最近では認知症の予防対策と交流の一環として、ホワイトボードを使って気軽にできる脳トレに注目が集まっています。ゲーム感覚で楽しみながら脳を鍛えることができるので、ぜひご参考ください。

 

1.書き順バラバラ


ホワイトボードを使った遊びの様子

お題を出す人が漢字一文字の書き順をランダムに書いて、その漢字は何かを当てるゲームです。誰でも出題や回答に参加できるだけでなく、出題のネタは無限にあるので長い時間楽しむことができます。

 

2.しりとり


始めと最後の言葉をあらかじめ決めておき、誰が先に最後の言葉にたどりつけるかを競います。普通のしりとりをするのも楽しいですが、ルールを追加することでゲーム性がより高くなります。

 

3.文字消しゲーム


ホワイトボードに「を」を除いたひらがなを書き出し、それらの文字を使って参加者に単語を答えていただきます。単語に使われた文字はその都度消していき、ホワイトボードから全ての文字を消せるように単語を選ぶゲームです。

 

4.連想ゲーム


ホワイトボードに一つのテーマを書き、そのテーマから連想する言葉を次々と書いていきます。テーマが夏であれば、夏休みや海水浴のような具合です。出てきた言葉から話を広げたり、最後は出てきた単語をリズムに乗せて合唱したりして楽しむことができます。

 

5.お絵かきしりとり


ホワイトボードに参加者が絵を描いて、その絵を次々に繋げてしりとりを行います。チームで分かれて、どちらが多くしりとりができるかを競い合うとより盛り上がります。

 

6.すき焼きジャンケン


ホワイトボードを使った遊びの様子2

好きなすき焼きの具材を参加者から聞いてホワイトボードに書き出し、その具材をチーム同士でジャンケンして取り合うゲームです。勝った方は好きな具材を選べるのですが、チーム内での好みによって楽しい会話が生まれます。

 

7.数探し


「1」の数字を何個、「2」の数字を何個というように、ホワイトボードに数字をランダムに書いていき、一番個数が多い数字を探すゲームです。応用として、一番個数が少ない数字を当てるゲームもできます。

 

8.言葉さがし


ホワイトボードにあいうえお順でひらがなをバラバラに書いていき、何文字かは書かずに抜いておきます。その書かれていない文字を探し出し、それらの文字を組み合わせて隠された単語を当てるゲームです。

 

9.さかさま文字


出題者がお題となる単語を決め、頭ではなく終わりの文字から徐々に書き出していき、それがどんな単語かを当てるゲームです。想定した答えと違う回答が出てきた場合は、それも正解となります。

 

10.並び替え


お題となる単語をひらがなにしてランダムに書き出し、その単語を当てるゲームです。徐々に文字数を多くしたり、2つの単語をまぜて出題したりするなど、徐々に難易度を上げることもできます。

 

以上、イベントや交流会を行う際にはぜひご参考ください。
また、エッサム神田ホールにはホワイトボードが整った貸し会議室が多くあるため、そのような交流の場にもオススメです。

 

■みんなと遊んで脳トレ!


認知症の予防

認知症の予防対策には、生活習慣の改善はもちろん、脳トレや他者とのお付き合いが非常に大切です。家にいることが多い高齢者の方も、外に出てさまざまな方とコミュニケーションをすることで、認知症になる可能性を抑えられることが分かっています。

 

そのような交流会やイベントの場を催す場合は、ぜひエッサム神田ホールの貸し会議室をご利用ください。神田駅から徒歩1分とアクセスが良く、事前のご相談はもちろん、当日の動きも常駐スタッフがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。